2004年に初登場し、2011年に初のフルモデルチェンジを受けたNinja ZX-10R。2013年モデルでは電子制御ステアリングダンパーを採用するも、その後はカラーチェンジのみにとどまり続けたため、フルモデルチェンジへの期待が高まっていた新型10Rがついに姿を現した。


まずはそのエクステリアから。
フロントカウル前端に段が付けられているのが、わかりやすい変化だろう。それにともない、ヘッドライトやフロントカウルのデザインも変更を受けている。その他にも、サイレンサーの形状変更やテールカウルがよりアップタイプになり、テールランプのデザインも変更されている。


個々のパーツに目を移してみよう。まず初めに目に飛び込んでくるのは、サブタンク付きのフロントフォークだ。過去に市販モデルでは採用例のないこのフロントフォークはショーワのバランスフリーフロントフォークというモノ。
その概要を説明すると、押し側と引き側双方の減衰力発生機構をシリンダーの外側に集約したことで、既存のダンパーの弱点であった圧力バランスの変動を抑えることが可能となったサスペンションのことである。それにより、低速時の乗り心地と高速時の安定性という相反する特性をこれまでより高い次元で両立できるようになったのだという。

そんな、SBKでカワサキレーシングチームが採用しているモノと同等のシステムを備えた最新鋭のフロントフォークを筆頭に、各所に豪華な装備がおごられている。ブレーキマスターにはブレンボのラジアルタイプを、キャリパーには同じくブレンボのラジアルマウントタイプが採用されている点も見逃せない。


また、左側のスイッチボックスにはラップタイマーの作動スイッチが追加され、クイックシフターも新たに採用されていることなどから、サーキットでの走りが高い次元で追求されていることが見て取れる。

トラクションコントロールやパワーモードセレクト機能などは従来モデルも備えていたが、そこへさらにニンジャH2/Rで採用されているエンジンブレーキコントロールを新たに取り入れているようす。

格段の進化を遂げた10R。エンジン内部などにも変更が加えられていると思われるが、現時点では画像が公開されているのみで、詳細な技術説明はなされていない。その全容が明らかになるのを楽しみに待ちたいところだ。


2016年モデル Ninja ZX-10R ABS (ZX1000S)※欧州一般仕様


オフィシャルビデオ




SPECIFICATIONS

エンジン 水冷4ストローク並列4気筒
排気量 998cm3
内径×行程 76.0mm×55.0mm
圧縮比 13.0:1
弁方式 DOHC4バルブ
燃料供給方式 フューエルインジェクション(φ47mm×4)
デュアルインジェクション
点火方式 デジタル
始動方式 セルフスターター
潤滑方式 ウェットサンプ
トランスミッション型式 常噛6段リターン
駆動方式 チェーン
一次減速比 1.681(79/47)
ギヤレシオ 1速 2.600(39/15)
2速 2.214(31/14)
3速 1.944(35/18)
4速 1.722(31/18)
5速 1.550(31/20)
6速 1.391(32/23)
二次減速比 2.294(39/17)
クラッチ形式 湿式多板
フレーム形式 ツインスパー(アルミニウム)
ホイールトラベル 120mm
114mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C 58W
190/55ZR17M/C 75W
キャスター 25°
トレール 107mm
ステアリングアングル(左/右) 27°/27°
サスペンション タイプ:倒立・テレスコピック(43mm)
バランスフリーフロントフォーク
圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
タイプ:ホリゾンタルバックリンク
BFRC lite ガスチャージドショック

圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
ブレーキ タイプ:外径330mmセミフローティングディスク
キャリパー:ラジアルマウント 対向ピストン
タイプ:外径220mmディスク
キャリパー:シングルピストン
全長 2,090mm
全幅 740mm
全高 1,145mm
軸間距離 1,440mm
最低地上高 145mm
シート高 835mm
車両重量 204kg(ZX1000R)
206kg(ZX1000S)
燃料タンク容量 17L
最高出力 127.2kW(173PS)/11,000rpm
最高出力(ラム圧加圧時) 133.6kW(182PS)/11,000rpm
最大トルク 110.5N・m(11.3kgf・m)/11,000rpm

Ninja ZX-10R ABS KRT Edition / Ninja ZX-10R ABS | 株式会社ブライト