カワサキ特派員

巷にあふれるカワサキネタを特派員がレポート

[PR] YOSHIMURA

KAWASAKI×SOMÈS SADDLE
この度製作されたアイテムの一部。バッグをはじめ、ウォレット、ペンケース、さらにはボールペンなど、ラインナップは多種多彩だ。その上品なたたずまいには、つい胸がときめいてしまう

ハイエンドな革製品を展開するブランドとのコラボアイテム

カワサキはジャケットなどのウエア類から、タオルやステッカーなどの小物、そしてバイク用パーツにいたるまで、多様にオリジナル商品を展開している。そのような中、新たなアイテムがリリースされている。SOMÈS SADDLE(ソメスサドル)とのコラボレーションから生まれた、革製品を中心としたアイテムだ。ソメスサドルは1964年に北海道で誕生した馬具メーカーで、現在では馬具に加え、バッグや財布なども手掛けている。

そんな同メーカーと共同で開発したアイテムには、両メーカーのモノ作りへのこだわりがしっかりと息づいている。上質な革を用い、職人が手作りする手法は、ソメスサドルが鞍などの馬具を作る中で醸成してきた安心/安全への高い意識と、愛着の湧く製品を作るという思想の表れだ。

KAWASAKI×SOMÈS SADDLE

すべての製品に、カワサキとソメスサドル双方のブランドロゴがダブルネームとしてさりげなく配される。モノクロでわかりづらいが、ステッチの色にはグリーンを採用している

KAWASAKI×SOMÈS SADDLE

外から見えない部分のクオリティも徹底的に追求。こちらはブリーフケースの内装で、大人っぽい柄が採用されている。さらにダブルネームの革タグも付属

KAWASAKI×SOMÈS SADDLE

決して見掛け倒しではなく、機能性もしっかりと備える。ラウンド長財布の内側は、ご覧のとおり整理整頓しやすい多層構造となっている

革製品なので、基本的にはレザーの質感が前面に押し出されてはいるものの、その中に入る緑色のステッチが、控えめながらカワサキ好きの心をくすぐる隠し味として、十分にその役割をはたしている。このステッチが黒や白だったとしたら、やはりカワサキらしさを表現するのはなかなか難しいだろう。これらの製品は全国のプラザ店にて取り扱っている。気になる人は最寄りの店舗に問いあわせてみよう。

http://www.somes.co.jp/
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/accessories/#sec-accessories-3

カワサキバイクマガジンvol.123掲載記事(2016年12月1日発売)

問い合わせカワサキプラザネットワーク
URLhttps://www.kawasaki-plaza.net/
カワサキイチバン編集部

カワサキイチバン編集部による記事です。






カワサキイチバン