カワサキ特派員

巷にあふれるカワサキネタを特派員がレポート

[PR] YOSHIMURA

Kawasaki Robostage(カワサキ ロボステージ)

日常生活のなかでカワサキネタを発見しようというこの企画。今回のカワサキネタは、2016年に東京・お台場にオープンしたKawasaki Robostage(カワサキ ロボステージ)だ。訪れてみると、驚きの能力をもったロボットたちがそこにいた。

2016年8月初旬、東京都のお台場において、カワサキにまつわるある施設がオープンした。その名も、カワサキ ロボステージである。川崎重工が運営するこの施設は、川崎重工製産業用ロボットを展示したショールームで、館内では、日常生活で目にすることのないロボットを見ることができる。今回は、この施設とカワサキのロボットについて注目しよう。

カワサキ ロボステージでの主役は、duAro(デュアロ)という名前の双腕型ロボットだ。プログラミングによって多種多様な作業を行なうことができるオールラウンドなロボットで、館内にも計5台が展示されている。似顔絵を描くもの、スマートフォンを操作するもの、料理を作るものなどがデモ稼働しているのだが、どのデュアロも作業が迅速かつ正確で、その精密さにはド肝を抜かれる。デュアロを観察すると、カワサキの技術力の高さをあらためて思い知らされる。また、医療用のメディカルロボットや、ハイパワーを誇る大型ロボットも展示されており、カワサキが手掛ける事業分野が多岐にわたることも実感させられるのだ。

メディカルロボット

医療・医薬の分野で活躍するメディカルロボットも展示。人命にかかわる現場において、今や不可欠な存在となりつつある存在だ

Bシリーズ

こちらはBシリーズという大型のロボット。高出力を発揮し、物を高速で製作したり運搬したりすることに適している。そのスムーズながらもダイナミックな動きは迫力満点

この施設は、単にロボットが展示されているだけでなく、似顔絵デュアロによる似顔絵作成など、来館者が楽しめるコンテンツが用意されているので、さほどロボット施設に興味がなくとも楽しめること請け合いだ。この機会に、カワサキのロボット技術を身近に感じてみよう。

duAro(デュアロ)

カワサキロボステージで主役だったのが、デュアロだ。2本のアームが特徴の双腕型スカラロボットで、プログラミングを変えることによってさまざまな作業を行なうことができる。現在は、主に電子機器を生産する工場などで稼働している。

似顔絵duAro
働くduAro

カワサキバイクマガジンvol.122掲載記事(2016年10月1日発売)

問い合わせ川崎重工業 ロボットビジネスセンター「Kawasaki Robostage」
住所東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場1F
電話番号03-6457-1928
営業時間10時〜18時
URLhttps://robotics.kawasaki.com/ja1/robostage/
カワサキイチバン編集部

カワサキイチバン編集部による記事です。






カワサキイチバン