カワサキ特派員

巷にあふれるカワサキネタを特派員がレポート

[PR] YOSHIMURA

写真は06年式ゼファーχのメーター。この年式ではメーターパネルにER-5のエンブレムは見られないが、私が見た初期型ゼファーχには、ER-5のエンブレムが確かに付いていた

97年、前後輪が17インチとなったゼファーχが登場。友人が注文した現車が販売店に届いているとのことで、私はさっそく見に行ってみた。ショールームに鎮座する新車のゼファーχ。しかし、細部のディテールをチェックしていくと、それまでのゼファーとは明らかに異なる仕様を発見する。220km/hフルスケールメーターとなっているだけではなく、タコメーターとの間に“ER-5″のエンブレムがあしらわれていたのだ。はたして、一部の車両のみなのか、それとも組み立てラインのミスか?

ER-5とは、EX-5の流れをくんだ水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載する輸出専用モデルで、主に欧州向けのミドルコミューターとして開発されたモデルである。スタイリングは、国内モデルのバリオスⅡそのもの。テールカウルのデザインおよびグラブバーの有無、ステッププレートデザイン、リヤブレーキが異なる。欧州では大変人気を博した車両とのことで、06年までラインナップされていた。

カワサキは世界の仕向け地に、現地が求めるさまざまな仕様のバイクを供給しているわけだが、インターネットの普及した現代においても、国内では知り得ない情報がある。後日談になるが、ER-5のメーターが装着されていたバイクは、間違いなくゼファーχであり、ゼファー500でも国内向けER-5でもなかった。

ER-5。97年〜06年までラインナップされていた欧州向けモデル。車体デザインやスタイリングはバリオスⅡと同様。エンジンはEX-5の流れをくんだ水冷DOHC4バルブ並列2気筒を搭載する

ゼファーχ。ゼファーを97年、ベースにシリンダーヘッドを空冷DOHC4バルブ化し、ホイールサイズを変更する。その後も、細かな仕様変更が行われ、09年のファイナルエディションまで継続販売された

バリオスⅡ。91年に登場した250ccネイキッド。ZXR250の流れをくんだ水冷DOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載する。バリオス2は97年に登場。ツインショックとスロットルポジションセンサーを採用した進化版

KAZU 中西

1967年4月2日生まれ。モータージャーナリスト。二輪雑誌での執筆やインプレッション、イベントでのMC、ラジオのDJなど多彩な分野で活躍。アフターパーツメーカーの開発にも携わる。その一方、二輪安全運転推進委員会指導員として、安全運転の啓蒙活動を実施。静岡県の伊豆スカイラインにおける二輪事故に起因する重大事故を撲滅するための活動“伊豆スカイラインライダー事故ゼロ作戦"の隊長を務める。過去から現在まで非常に多くの車両を所有し、カワサキ車ではGPZ900R、ZZR1100、ゼファーをはじめ、数十台を乗り継ぎ、現在はZ750D1に乗る。
http://ameblo.jp/kazu55z/
https://twitter.com/kazu55z






カワサキイチバン