[PR] YOSHIMURA

日本ビート工業が満を持してマーケットに送り出すNinja ZX-14R用カスタ厶パーツ。おなじみのNASSERT Evoをはじめ、ポジション関連のパーツを多数リリースした

CUSTOM PARTS for Ninja ZX-14R by BEET

14Rの魅力をさらに引き立てるパーツラインナップ

日本ビート工業が今回リリースしたNinja ZX-14R用の一連の製品のなかでも、やはりエキゾーストが最大の目玉といっていいだろう。デュアルサイレンサータイプのフルエキゾーストとスリップオンの2種類に加え、シングルサイレンサーのスリップオンもリリース。

フルエキゾーストはピークで約8psアップを実現し、なおかつほぼ全域においてパワー、トルクの向上を果たしている。いずれの製品もABSの有無にかかわらず政府認証適合、JMCAにパスしているので車検もまったく問題ない。

サイレンサーは異型断面のEvoサイレンサーだが、1400ccという大排気量、さらにZZR1400に比べピークパワーの回転数が1000rpmアップしているため、サイレンサーの口径を従来に比べ大幅に広げ、内部の構造もこれまでのモノと変更した専用設計となっている。

巨大なエンジンから吐き出されるエキゾーストノートは、腹の底に響くがごとくの重低音を奏でつつ、耳に障るようなうるささは一切感じられない。素材にはチタンを用いているため、大幅な軽量化も実現した。

BEET Ninja ZX-14R用 フルエキゾースト

フルエキゾーストは4-2-1-2集合方式を採用。サイレンサーは従来よりも大幅に口径を広げた専用設計のものを使用する。スリップオンは2本出し、1本出しの2種類

エキゾースト以外ではポジション関係のパーツが多数ラインナップされている。同社はNinja ZX‐14Rをツーリングバイクととらえ、ロングランでも快適かつ安心できるパーツを生み出した。

ライダーの体格や好みに応じて垂れ角や絞りを変更できるマルチハンドルキットをはじめ、ハンドルアップスペーサーや4ポジションが設定可能なステップ・ハイパーバンクなどにより、ポジションの自由度は大幅に広がった。

ローダウンリンクロッドによりシート高は約30mmダウンし、足着き性は大幅に向上。小柄な体格の人でも安心して乗車できるのだ。

BEET Ninja ZX-14R用 マルチハンドルキット

垂れ角、絞り角を変化させることができるマルチハンドルキット。ハンドルアップスペーサーは5mm厚のプレートが片側2枚セットとなっていて、最大10mmアップが可能

BEET Ninja ZX-14R用 ヒールガード

ヒールガードはハイパーバンクはもちろん、ノーマルステップにも装着できる。ステップワークの補助はもちろん、ドレスアップ効果も高い。カラーオーダーも可能(料金別)

BEET Ninja ZX-14R用 ハイパーバンク

ステップワークの重要性に着目し、ステップ自体の剛性を高めたハイパーバンク。4ポジションの選択が可能で、ペダルやステップバーは熱間鍛造製法で高い強度を持つ

BEET Ninja ZX-14R用 フェンダーレスキット

リヤまわりをすっきりとした印象にまとめ上げるフェンダーレスキット。ノーマルのライセンスプレートを使用することで配線の処理も不要で、ノーマルリフレクターの併用も可

BEET Ninja ZX-14R用 ローダウンリンクロッド

ジュラルミン削り出しのローダウンリンクロッドにより、シート高は25mm〜30mmダウンする。足着きに不安を感じている人にはぜひともオススメしたいアイテムだ

「ニンジャZX‐14Rは大柄なバイクですが、意外とバンクさせやすいですし、小まわりも利きます。しかし、ワインディングなどではやはりその重さが気になるでしょう。エキゾーストに加えてポジション関連のパーツをそろえていますが、これらのパーツにより、Ninja ZX‐14Rがより身近なバイクになったと思います」(日本ビート工業・鷲野泰孝代表)

同社では、ニーズに応じてさらなるパーツ開発も行なうとのこと。Ninja ZX‐14Rのカスタムシーンは、ますます熱気を帯びていくことだろう。

問い合わせ日本ビート工業
電話番号072-257-7600
URLhttp://www.beet.co.jp





カワサキイチバン