プロダクツ

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

アールズ・ギアのエキゾーストブランドであるワイバンに、新たなシリーズとして「ワイバン・リアルスペック」が登場。その第一弾として送り出されるのがニンジャ1000用のエキゾーストだ。アフターマーケットはさらに熱気を帯びてきた

WYVERN Real Spec for Ninja1000 by r's gear

ニンジャ1000用で登場したアールズ・ギアの新機軸

性能はもちろん、製品の美しさにも定評のあるアールズ・ギア。ワイバンやソニック、そしてワイバン・クラシックと名づけられたエキゾーストブランドに“ワイバン・リアルスペック”が新たに加わった。その第一弾となるのがニンジャ1000用のエキゾーストで、フルエキゾーストとスリップオンの2種類がラインナップされる。いずれもチタン製で、サイレンサーのカラーはチタンとチタンDBが用意されている。

ワイバン・リアルスペックの最大の特徴がサイレンサーの形状である。同社製品の多くはオーソドックスなパイプ状のサイレンサーが採用されているのだが、ワイバン・リアルスペックにはテーパー形状の異型断面サイレンサーが採用されている。サイレンサー前方は真円となっているが、後方に向けて多角形へと変化している。その独特なデザインは、ニンジャ1000が持つシャープなスタイルを損なうことなく、それでいて軽快なイメージへと生まれ変わらせた。

「ニンジャ1000のノーマルサイレンサーもテーパー状となっているので、それに近い形状で、なおかつスポーティになるように作りました。サイレンサーエンドはウチ独自の処理で仕上げています。パワーを出しつつ、同時に音質も徹底して追求しています」(アールズ・ギア代表/樋渡 治氏)

異型断面サイレンサー

後方に向かってテーパー状に広がる異型断面サイレンサーを採用。ニンジャ1000のシャープなデザインとの相性もいい。フルエキゾーストは一本出しとなっており、スリップオンは2本出しだ

エキゾーストパイプ

エキゾーストパイプは、同社のスーパースポーツ用のGPスペックと同じくマシンベンドで仕上げられる。もともと色は出ていないのだが、走行を重ねることで写真のような色あいに変化する

クラフトマンシップを感じるサイレンサー

サイレンサーはテールに向かって多角形に変化している。その形状はもちろん、エンドピースの造形にもクラフトマンシップを感じる。サイレンサー形状をイメージした新エンブレムも採用された

パワーフィールは従来のワイバンと同じく、低中速のトルクを増すことで乗りやすさの向上が求められている。“ノーマルの状態でもかなり乗りやすい(樋渡氏)”ニンジャ1000だが、トルクの谷を解消して直線的にパワーを上昇させることでギクシャクした感じがなくなり、中低速域を多用するツーリングやワインディングといったシーンでもストレスを感じるようなことはない。

ニンジャ1000用リアルスペックにはパニアケースの装着に対応したサイレンサーステーも付属する。このステーはサイレンサーの上がり角を低くすることでパニアケースの装着を可能にするのだが、サイレンサー1本に対してステーが付属するので、使用するシチュエーションに応じてエキゾーストを使い分けることができるのだ。

角度の変更が可能なサイレンサー

ステーを間にはさむだけで角度の変更が行なえる。サイレンサーの連結部分を支点にして角度を変化させるため、一本のエキゾーストを走行シーンに応じて変化させることができるのだ

サイレンサーの上がり角を下げた状態

パニアケース対応のサイレンサーステーを用いて、サイレンサーの上がり角を下げた状態。ステーを加えるだけでこの状態に変化させることができるため、専用のサイレンサーを購入しなくてもいいのである

同社はニンジャ1000用として、今後ビレットパーツの“アクティブ・コンフォート”や、カスタムシートの“ワイバン・コンフォート”の開発も予定している。

問い合わせアールズ・ギア
電話番号059-375-7878
URLhttp://www.rsgear.co.jp





カワサキイチバン