プロダクツ

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

徐々に増えてきたW800用アフターパーツ。最近ではマフラーや車体パーツなど、選べる幅も広くなってきた。今回はそのなかからノジマエンジニアリングのW800用アフターパーツをインプレッション。さらに走りを楽しめるモデルへと変貌していた

Vintage Megaphone for W800 by NOJIMA ENGINEERING

見た目はクラシカルテイスト。走りは断然スポーツテイスト

W800の魅力をエンジン特性にポイントをおいて語るなら、低〜中回転域のトルクの太さだろう。この回転域は街中で多用するところだけに、常用域で十分に味わえる特性だ。この魅力を残しつつ、さらにスポーツ性を持たせたのが、ノジマエンジニアリングが手がけたW800だ。

ワイドハンドルへの変更によるポジションの変化以外は、街中ではノーマルとの大きな違いは感じられないが、ひとたび郊外に出れば差は歴然。スロットルを大きく開けると、レッドゾーンめがけてエンジンが一気に吹け上がる。感覚としては、パワーが勢いよく立ちあがってく途中で、ストン!とリミッターが効くようなイメージだ。だからレッドゾーンまで勢いよく加速していく。

回転数の上昇とともにエキゾーストノートも甲高くなる。乾いた芯のあるエキゾーストノートがヘルメット越しにもライダーに伝わってくるのだ。高回転域では加速感と音ともに、クラシカルモデルに乗っている感覚は薄れ、どんどん攻めたくなる。

この攻めたくなる感覚は、サスペンションがシッカリしているからこそ得られる感覚でもある。高速域で旋回しても、足まわりが不安定な動きをすることなく、車体が安定している。だから安心感があるのだ。

見ためクラシカルなテイストを残しているノジマエンジニアリングのW800だが、中身はスポーツテイストあふれるモデルに仕上がっている。見て乗って楽しめるバイクがこのモデルだ。

ノジマエンジニアリング W800 メガホンタイプマフラー

ノーマルのキャブトンタイプから一変、メガホンタイプのノジマエンジニアリングのマフラー。今回使用したマフラーはクロームメッキだが、他にブラックもリリースされる

EFFEX EZ-FITバーハンドルキット

ハンドルはEFFEXのEZ-FITバーハンドルキットに変更。ノーマルより幅広なハンドルとなっている。スロットルにはケーブルの巻き取り量をアップさせたプロトの楽楽スロットルを採用

W800 プロト ヒールガード

取材時では開発中だったプロトのヒールガード。車両のホールド性アップを狙っており、左側ステップ部にはブラック、右側ステップにはシルバーのヒールガードが装着されていた

W800 プログレッシブ サスペンション

パワーフィールの向上と同時にサスペンションも変更。リヤにはプログレッシブのモノを採用し、フロントフォークにはプロトのフォークスプリング(取材時開発中)を組み込む

問い合わせプロト
電話番号0566-36-0456
URLhttp://www.plotonline.com





カワサキイチバン