プロダクツ

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

SPEC ENGINEERING BREMBO REAR FLOATING KIT

純正・社外ホイール問わず、ボルトオンでの装着が可能

GPZ900RやZZR1100、ZRXシリーズなどに向けたモディファイ用アイテムを製作しているスペックエンジニアリング。

ブレンボ2ポットキャリパーをリヤに装着する場合、採用したホイールによってはサポートの製作や加工などが必要となる。当然、その分の時間とコストが余計にかかってしまう。今回紹介する同社製品は、純正リヤホイールだけでなく、ゲイルスピードやマルケジーニ、JBパワーのマグ鍛などの社外製ホイールのほとんどに、ブレンボ2ポットキャリパーが装着できるというアイテムだ。

「ホイールによっては、フロントはブレンボだけどリヤはノーマルというカスタムマシンも少なくありません。そういったマシンに乗るオーナーさんたちの多くが、タイヤと同じように前後を同一ブランドでそろえたいという潜在的な声を持っていることでしょう。その希望に応えるために製作したのがこの製品です」

また、多くのライダーの希望に応えるべく写真のGPZ900R用以外にも、ゼファー750/1100やZZR1100/1200用など豊富にラインナップ。基本的にはラインナップ以外でも製作可能とのことで、マイナー車種のオーナーはぜひ同社に相談してみてほしい。

キャリパーとサポートにトルクロッド、カラーが付属した基本セットのほかに、ブレーキホースなどの装着に必要なすべてのパーツを備えた“安心ボルトオンセット”、キャリパーを所有しているユーザーのための“キャリパー無しタイプ”の3種類が用意されており、自身の状況に合わせて選択できるのもポイントだ。

SPEC ENGINEERING BREMBO REAR FLOATING KIT

 サポートにはブレンボの2ポットキャリパーが装着された状態で販売されるとのこと。リヤとはいえ制動時には強い力がかかる部分。それゆえボルトには適正な締め付けトルクが必要となる

SPEC ENGINEERING BREMBO REAR FLOATING KIT

このキットには、アルミ削り出しトルクロッドも付属している。装着することでノーマルに比べ、リヤまわりの高級感の演出にもひと役買うだろう。サポートとの接続部分は可動式を採用

SPEC ENGINEERING BREMBO REAR FLOATING KIT

右の小さな2つのカラーはフレーム側用で、左の2つはキャリパーサポート側用。ともにアルミ製で、仕様ごとにサイズが異なっている

SPEC ENGINEERING BREMBO REAR FLOATING KIT

フレーム側の取り付けサポートとトルクロッド結合部分も、キャリパー側同様に可動式だ。リヤセクションの動きを妨げることはないだろう

問い合わせスペックエンジニアリング
住所広島県広島市中区光南5-3-12
電話番号082-543-6377
URLhttp://www.spec-hiroshima.com





カワサキイチバン