プロダクツ

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

PMC ZEPHYR1100

カスタムする楽しさを再確認させてくれる新機軸

生産が終了して久しいゼファーシリーズだが、いまだその人気は衰えることを知らず、毎月のようにショップやプライベーターのカスタムゼファーが世に生まれている。Zカスタムのパイオニア、PMCも今までに数多くのゼファー用パーツを生み出してきたが、09年より新機軸となるパーツ“ZeFactor”シリーズを開発しており、現在ゼファー1100/750用パーツがリリース中である。

ゼファー1100用社外マフラーは、オイルパンとの干渉の関係で多くの場合オフセット集合となるのが基本だが、ZeFactorマフラーの場合、オリジナルのオイルパンを開発してセンター集合方式を実現。そのため右側のバンク角不足は解消され、スポーツライクなライディングが可能になっている。

またオイルパンも純正品を加工したモノではなく、オリジナルで製作しており、カートリッジタイプのオイルフィルターが使用可能だ。さらにはドレンボルトの位置も見直されているので、メンテナンス性も申し分ない。また、ボルトオンでオイルラインを追加できるオプションも用意され、弱点として挙げられる3番クランクメタルの対策として有効である。

PMC ZeFactor for ZEPHYR1100 マフラー

思い切ってショート化されたマフラー。新たに開発したオイルパンを採用することにより、センター集合方式が可能になり、右バンクでエキゾーストパイプがヒットするようなことがなくなる

前後ホイールは自社ブランドであるソードのエヴォリューションを装着することによって、重いバイクという印象は払しょくされ、サーキットなどでの走行でも重さを感じることはなくなった。また独特のデザインがほどこされたビレットパーツも豊富にラインナップ。エンジン全幅を減少させつつ、メンテナンス性も損なわないようきちんと考慮されている。そのほかにもボルトオンでリヤショックをレイダウンできるキットもラインナップ。

「現代の要素、カスタム状況に合わせて開発したのがこの“ZeFactor”です。カスタムする楽しさを味わえるパーツとして、今後はゼファー以外の車両にも展開していく予定です」

こう語るのはPMC広報・奥村氏。今後どう展開していくか目の離せないブランドである。

PMC ZEPHYR1100 Rまわり

カスタムの定石ともいえるのがホイールの軽量化だが、ゼファー1100用に専用設計したアルミ鍛造ホイール“ソード”もリリース。足まわりの軽量化で、独特の重さを払拭することができる

PMC ZeFactor for ZEPHYR1100 ビレットエンジンカバー

ビレットエンジンカバーは朝日がモチーフになっている。クラッチカバーは2ピース構造で、クラッチ交換の際にガスケットをはがす手間が不要。ポイントカバーの幅は16mmダウンしている

PMC ZeFactor for ZEPHYR1100 ビレットパーツ

ピボットベースプレートからクランクエンドカバーまで、ビレットパーツが個性を強烈に主張する。クランクエンドカバーはノーマル比28mmダウンしており、深いバンク角を確保した

PMC ZEPHYR1100 Fブレーキ CP5569

フロントブレーキは、APレーシングのキャリパー“CP5569”を使うキットを用意。写真はφ320mmローターを使用するタイプだが、純正ローターに対応したキットも用意している

PMC ZEPHYR1100 YSS RACING製リヤショック

フレームを加工することなくレイダウンができるプレートは、安全性を考慮してサスペンションの上方に取り付けられる。オプションでタンデムキットも用意しているので車検も安心だ

ZeFactorシリーズラインナップ

問い合わせPMC
住所兵庫県淡路市志筑3071
電話番号0799-65-0799
URLhttp://www.win-pmc.com





カワサキイチバン