[PR] YOSHIMURA

NOJIMA FASARM DLC-TITAN

黒真珠のような輝きを放つ、シックな大人のマフラー

人気の高いカスタムパーツの一つに“マフラー”が挙げられる。出力特性が変化するだけでなく、軽量化や見た目の変化など、複数の効果を得られることがその理由の一つだろう。マフラーメーカーの“ノジマエンジニアリング”が送り出したこのマフラーは“見た目”を重視して開発を進めたという。

それが、黒真珠のような輝きを放つ“DLC”サイレンサーで、材質はチタン。チタンというと、素材の色をそのまま活かすか、焼き色を入れたモノが多い。しかし、地のままでは没個性、焼け色を入れると派手になりがち。そこで落ち着いた雰囲気のサイレンサーを作り出すべく、以前から試行錯誤していたという。開発過程から基本のカラーは“ブラック”だったが、色味や耐久性などで、納得のいくモノにならない。そんななか着目したのが“DLC”だった。

さて、ここで“DLCって何?”と思っている人に簡単に説明しよう。DLCとは“ダイヤモンド・ライク・コーティング”の頭文字を取ったモノ。ダイヤモンドに近い高硬度を持つカーボンを表面に付着させることで、フリクションロスを低減させたり、耐摩耗性や対薬品性を高めることをねらった技術である。一部のスーパースポーツモデルのフロントフォークのインナーチューブに処理されていたこともあるので、記憶にある人もいるかもしれない。サイレンサーに関してフリクションロスは関係ないが、同社は独特の輝きや耐久性などに着目したのである。

もちろん、ここで紹介するマフラーはルックス面だけを重視しているわけではない。マフラーに求められる要素はさまざま。機能面も抜かりなく開発されている。とくにこのマフラーは平成22年度のマフラー規制をクリアさせつつ、性能を引き出すことに注力したという。エキゾーストパイプにはコニカルヘッダーを採用し、集合部には同社オリジナルのスパイラルコレクターを採用。サイレンサーも単に見た目だけではなく、性能や消音効果も考慮して作り上げられているのだ。

NOJIMA FASARM DLC-TITAN

平成22(2010)年からマフラーに関する規制が強化された。このマフラーはその基準をクリアした車検適合品。安心して装着することができる。このプレートはその証だ(見本)

NOJIMA FASARM DLC-TITAN

サイレンサーのリベットバンドは従来品と異なり“NOJIMA japan”のロゴが入る特別品。エンドもあえて段付きとすることで、差別化と高級感を演出

NOJIMA FASARM DLC-TITAN

写真のエキゾーストパイプは太さは一定だが、市販品はコニカルヘッダーを採用するとのこと。機械曲げであるが、美しいアールを描いている

NOJIMA FASARM DLC-TITAN

サイレンサーバンドはこのサイレンサーのために作ったという。従来品のバンドも使うことはできたが、あえて型を起こしたとのこと。コストはかかるが、細部までこだわり抜いた

NOJIMA FASARM DLC-TITAN

 集合部は同社独自のスパイラルコレクターを採用する。4-1のパンチと4-2-1の低速域での力強さを両立させることをねらって開発されたモノだ

高年式のマシンでは法規制が厳しくマフラー交換ができないと思っている人もいると聞くが、そんなことはない。同社のマフラーは性能や見た目の両面で高いクオリティを追求しつつ、安心して公道を走れるのである。まだDLCサイレンサーのラインナップは少ないが、今後の展開が楽しみだ。

NOJIMA FASARM DLC-TITAN ZZR1400

NOJIMA FASARM DLC-TITAN ZRZ1200DAEG

対応車種

車名 年式 タイプ
ZZR1400 08-10 4-1
ZZR1400 08-10 4-1-2
1400GTR 08-10 スリップオン
ZRX1200DAEG 09-10 4-1

NOJIMA FASARM DLC-TITAN

問い合わせプロト
電話番号0566-36-0456
URLhttp://www.nojima-japan.co.jp





カワサキイチバン