プロダクツ

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

現行大型ネイキッドに的を絞り、成熟した大人向けのエキゾーストシステムとして、ヨシムラジャパンが新開発したのがレプトスだ。レプトスとは、ギリシャ語で細いという意味があり、細く長くシャープなスタイリングと、保安基準をクリアしながらも迫力のあるエキゾーストノートにこだわった作り込みが特徴である。そんなレプトスについて、ヨシムラジャパンに話をうかがった。

「近年、ヨシムラではR‐11やヘプタフォースなど、これまでにないスタイルをつちかってきた技術によって具現化してきました。しかし、王道スタイルといえる真円サイレンサーのサイクロンは、今日もなお根強い人気を誇っています。そこで、保安基準に適合させながらも、車体をよりスタイリッシュに見せるデザインと、迫力のあるエキゾーストノートを両立する王道スタイルを細部まで見直し、ブラッシュアップしたものが必要なのでは?と企画したものがレプトスです」

ヘッダーパイプからサイレンサーエンドまで、スムーズな排気を可視化したかのようなシャープなスタイルは、車両デザインより主張しすぎず、それでいてエキゾーストシステムとしての存在感をアピールすべく、テールパイプとサイレンサーを新設計。フルエキゾースト仕様では、ヘッダーパイプから集合部に至るまでのデザインも従来品を再検証したうえで、新開発されている。

「手曲げ・機械曲げともに、チタンサイクロンの丸サイレンサーは現行品からデザインを見直しました。V字スプリングフックを新開発するなどして、シャープなフォルムに貢献させています。音は94dBが保安基準ですので、経年劣化も見越して92〜93dBをねらい、歯切れよく迫力のあるサウンドを実現していると自負しています」

持てるノウハウと技術を存分に活かし、一切の妥協なく作り込まれた新エキゾーストシステム。新たなヨシムラ伝説は、このレプトスから始まるといっていい。なお、カワサキ車用としては現在、ZRX1200ダエグ用がラインナップされている。

手曲チタンサイクロン

機械曲チタンサイクロン

機械曲R-77Sチタンサイクロン

問い合わせヨシムラジャパン
電話番号046-286-0321
URLhttp://www.yoshimura-jp.com





カワサキイチバン