[PR] YOSHIMURA

60年代後半から70年代前半にかけて発売されていたWシリーズを彷彿とさせるスタイルでラインナップされているW800。バーチカルツインエンジンの搭載に加え、メッキパーツを多用することで、レトロ感を前面に押し出しているモデルだ。

今回発表されたW800 Chrome Editionは、さらにそのレトロ感を強くイメージさせる一台である。メーターハウジングからタンク、サイドカバーにかけて赤を基調とし、タンクサイドにはクロムメッキ塗装がほどこされているのだが、このグラフィックは、Wシリーズの初期型である1965年モデルのW1そのものなのである。W1に倣い赤の彩度をやや落としてあることからも、その再現具合がうかがえる。

W800の前身モデルであるW650にもいえることだが、カワサキは時々、かつてのWシリーズを再現したスタイリングを試みる。現代のWシリーズはロングセラーモデルなだけに、たまにはそのような試みがあったほうが、刺激があっていいのかもしれない。発売は4月15日からで、性能および諸元に変更はない。


2014年モデル W800 Chrome Edition


SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高 2,180mm×790mm×1,075mm
軸間距離 1,465mm
最低地上高 125mm
シート高 790mm
ホイールトラベル (F)130mm (R)106mm
キャスター/トレール 27°/108mm
ハンドル切れ角(左/右) 37°/37°
Fサスペンション テレスコピック(インナーチューブ径 39mm)
Fブレーキ シングルディスク300mm(外径)
Rサスペンション スイングアーム
Rブレーキ ドラム(リーディング・トレーリング)160mm(内径)
車両重量 216kg
エンジン 空冷4ストロークSOHC 4バルブ 並列2気筒・773cm3
ボア×ストローク 77.0mm×83.0mm
圧縮比 8.4:1
最高出力 35kW(48PS)/6,500rpm
最大トルク 62N・m(6.3kgf・m)/2,500rpm
トランスミッション型式 常噛5段リターン
一次減速比 2.095(88/42)
ギヤレシオ 1速 2.352(40/17)
2速 1.590(35/22)
3速 1.240(31/25)
4速 1.000(28/28)
5速 0.851(23/27)
二次減速比 2.466(37/15)
燃料タンク容量 14L
タイヤサイズ (F)100/90-19M/C 57H
(R)130/80-18M/C 66H
メーカー希望小売価格 85万7,000円(税抜)
発売予定日 2014年4月15日

排気音

※車両は2011年モデル
カワサキモータースジャパン「W800/W800Special Edition」
カワサキモータースジャパン「W800スペシャルサイト」






カワサキイチバン