[PR] YOSHIMURA

すでにインターネットや雑誌などで、スクープ的な情報が掲載されているニンジャ250SLが、この度カワサキから正式に発表された。

大ヒット中のニンジャ250の兄弟モデルともいえるこのモデルは、単気筒エンジンを搭載したフルカウルスポーツモデルである。販売される国はマレーシア、フィリピン、中国、そしてタイで、残念ながら国内での販売予定はないとのこと。

今のところメカニズムの詳細は公表されていないが、分かっているのはエンジンがニンジャ250のパラレルツインエンジンとは異なり、単気筒エンジンであること。そしてフレームは、ニンジャ250がバックボーンタイプのダイヤモンドフレームを採用しているのに対し、トラスフレームを採用している点である。

また外観からはカウルのダクトの形状やエッジのかけ方、そしてヘッドライトのデザインなどでも差別化を図っているのが伺える。現在、250ccクラスの動きが激しい東アジアだけに、ニンジャ250SLの今後の動向が気になるところだ。


2014年モデル Ninja 250SL (BX250AEF)※フィリピン仕様

2014年モデル Ninja 250SL (BX250AEF)※マレーシア仕様

2014年モデル Ninja 250SL ABS (BX250BEF)※マレーシア仕様

2014年モデル Ninja 250SL (BX250AEF)※中国仕様

2014年モデル Ninja 250SL (Ninja RR mono) (BX250AEF)※インドネシア仕様

2014年モデル Ninja 250SL ABS (Ninja RR mono ABS) (BX250BEF)※インドネシア仕様

2014年モデル Ninja 250SL ABS (BX250BEF)※タイ仕様






カワサキイチバン