[PR] YOSHIMURA

誕生してから20年以上が経過し、レトロなスタイリングでファンを魅了し続けているエストレヤ。エンジンから足まわり、細かなパーツに至るまで、エストレヤは古きよきバイクを表現し続けてきた。シンプルな空冷単気筒エンジンに始まり、ティアドロップ型のタンク、スポークホイール、キャブトンマフラーなど挙げればキリがないほどに、“レトロであること”を強調しているエストレヤは、レトロ感あふれる外装と現代の技術が絶妙にバランスされているモデルなのである。

そのエストレヤが、2014年にモデルチェンジされる。外見は今まで愛され続けてきたレトロなスタイリングを受け継ぎつつ、各所には新たに手が加えられている。

スタイリングの変更点でまず挙げられるのは、新たな立体エンブレムがあしらわれたフューエルタンクで、上質さがより追求されたディテールとなっている。また、新採用のボリュームのあるシートは、存在感を主張しつつもエストレヤのイメージに合わせてレトロなデザインにまとめられている。

また、機能的な変更では、パワーユニット関係のセッティングを見直すことで、低中速回転域のトルクの向上が図られ、日常的な扱いやすさがより追求されている。フレームや前後サスペンションなど車体の設定は、よりライダーの快適性を考慮し、各部の最適化が行なわれた。

キャブトンマフラーおよび、シンプルな一灯ヘッドライト、クロームメッキパーツ類などは引き続き採用されている。新たな機能が搭載されても、エストレヤらしさはそのままに、しっかりと受け継がれているのである。

今回新しくオプションパーツも多数リリースされた。ツーリングでの快適性が考慮されたウィンドスクリーンやリヤキャリア、パニヤケースなどの装備品や、センタースタンドキット、エンジンガードなどの日常の利便性を向上させるパーツなど、オーナーの選択肢を広げ、これからのエストレヤとのバイクライフをより豊かなものにしてくれるだろう。

2014年モデルのカラーは、キャンディカリビアンブルー、キャンディアイビーグリーン、そしてスペシャルエディションとして各部がブラック塗装されたメタリックスパークブラックの3色展開となっている。


2014年モデル ESTRELLA

2014年モデル ESTRELLA Special Edition


SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高 2,075×755×1,055(mm)
軸間距離 1,410mm
最低地上高 170mm
シート高 735mm
ホイールトラベル (F)120mm (R)95mm
キャスター/トレール 27°/96mm
ハンドル切れ角(左/右) 40°/40°
Fサスペンション テレスコピック(インナーチューブ径 39mm)
Fブレーキ シングルディスク 300mm(外径)
Rサスペンション スイングアーム(オイルショック)
Rブレーキ ドラム(リーディングトレーリング) 160mm(内径)
車両重量 161kg
エンジン 空冷4ストローク単気筒 OHC2バルブ・249cm3
ボア×ストローク 66.0×73.0(mm)
圧縮比 9.0
最高出力 13kW(18ps)/7,500rpm
最大トルク 18N・m(1.8kgf・m)/5,500rpm
トランスミッション型式 常噛5段リターン
一次減速比 3.363(74/22)
ギヤレシオ 1速 2.636(29/11)
2速 1.733(26/15)
3速 1.300(26/20)
4速 1.050(21/20)
5速 0.833(20/24)
二次減速比 2.666(40/15)
燃料タンク容量 13L
タイヤサイズ (F)90/90-18M/C 51P
(R)110/90-17M/C 60P
メーカー希望小売価格 51万8,700円
Special Edition:53万3,400円
発売予定日 2014年1月20日

カワサキモータースジャパン「ESTRELLA」






カワサキイチバン