実用性とスポーツ性能が高次元で追求されているニンジャ1000(Z1000 SX)。スポーツツアラーとしての性能のみならず、日常での扱いやすさにもこだわって設計され、2011年の登場から現在に至るまで多くのファンを獲得しているモデルである。

そのニンジャ1000の2014年モデルが発表された。前年モデルからの変更点は多岐にわたるが、主だったところでは、まずトラクションコントロール技術のKTRC(カワサキ・トラクション・コントロール[3モード])とパワーモードセレクション(フル/ロー)が新たに搭載され、左側のハンドルスイッチで操作可能となっている。サイレンサーもデザインの変更が図られ、プレチャンバーは小型化し、マスの集中化に貢献。

さらに、フロントブレーキにはトキコ製のモノブロックキャリパーを採用。リヤショックのプリロード調整方式は従来のカム式からリモートアジャスターに変更された。その他にはミラー、ウィンカーの形状およびメーターパネルの表示、エンジンの外観についても変更が加えられている。

また、新たな専用オプションも発表された。現在発表されているのは、トップケースとパニヤケース、スモークウインドシールド、シングルシートカバー、グリップヒーター、エンジンガード、フロントフォークスライダーとなっている。

カラーバリエーションは、キャンディライムグリーン、メタリックスパークブラック、メタリックグラファイトグレイ、キャンディカスケイドブルーの計4色が発表されている。4色ともデザインはシンプルに1カラーだけの採用となっている。


2014年モデル Ninja 1000 (ZX1000LEF)※東南アジア一般仕様

2014年モデル Ninja 1000 ABS (ZX1000MEF)※東南アジア一般仕様

2014年モデル Ninja 1000 ABS (ZX1000MEF)※アメリカ仕様

2014年モデル Z1000 SX (ZX1000LEF)※欧州一般仕様

2014年モデル Z1000 SX ABS (ZX1000MEF)※欧州一般仕様


オフィシャルビデオ




SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高 2,105×790×1,170(mm)
軸間距離 1,445mm
最低地上高 135mm
シート高 820mm
ホイールトラベル (F)120mm (R)138mm
キャスター/トレール 24.5°/102mm
ハンドル切れ角(左/右) 31°/31°
Fサスペンション 倒立・テレスコピック(41mm)
Fブレーキ デュアルディスク(外径300mm)
セミフローティング・ペタルディスク
デュアルラジアルマウント、モノブロック、対向4ポッド
Rサスペンション ホリゾンタルバックリンク
Rブレーキ シングルディスク(外径250mm)
ペタルディスク
シングルピストン
車両重量 230kg(ZX1000L)、231kg(ZX1000M)
エンジン 水冷4ストローク 並列4気筒 DOHC4バルブ 1,043cm3
ボア×ストローク 77.0×56.0(mm)
圧縮比 11.8
最高出力 104.5kW(142PS)/10,000rpm
(EUR/USA/CAN/AUS/BRA/IDN/MYS/IND)
100.9kW(137PS)/9,800rpm
(S.E. Asia(B2)/S.E. Asia(B1)/THA)
78.2kW(106PS)/9,000rpm
(FRA)
最大トルク 111N・m(11.3kgf・m)/7,300rpm
(EUR/USA/CAN/AUS/BRA/IDN/MYS/IND)
109N・m(11.1kgf・m)/7,300rpm
(S.E. Asia(B2)/S.E. Asia(B1)/THA)
95N・m(9.7kgf・m)/6,000rpm
(FRA)
トランスミッション型式 常噛6段リターン
一次減速比 1.627(83/51)
ギヤレシオ 1速 2.600(39/15)
2速 1.950(39/20)
3速 1.600(24/15)
4速 1.389(25/18)
5速 1.238(26/21)
6速 1.107(31/28)
二次減速比 2.733(41/15)
燃料タンク容量 19L
タイヤサイズ (F)120/70ZR17M/C(58W)
(R)190/50ZR17M/C(73W)