[PR] YOSHIMURA

ER-6fが車体を主体として大幅に変更を受け、車名も改められ「ニンジャ650」として発売開始されたのが2012年のこと。そのニンジャ650が2013年モデルでカラーリング変更された。

2012年モデルではグリーンとブラックの2色展開だったが、2013年モデルではABS付き・無し含めて4色がラインナップ。ブルーやホワイトなどのニューカラーも加わっているほか、ブラックはER-6n同様ツヤ消し主体となっている。なかでも珍しいのがホワイトのラインナップで、アッパーカウルとサイドカウル、そしてテールカウルをホワイトとしており、スポーツモデルでは異例のカラーリングといえるだろう。主要諸元と性能は2012年モデルを継続する。


ER-6f (EX650EDF)※欧州一般仕様

ER-6f ABS (EX650FDF)※欧州一般仕様

Ninja 650 (EX650EDF)※インドネシア仕様

2013年モデル Ninja 650 ABS (EX650FDF)※オーストラリア仕様

2013年モデル Ninja 650 ABS (EX650FDF)※タイ仕様


SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高 2,110×770×1,180(mm)
軸間距離 1,410mm
最低地上高 130mm
シート高 805mm
車両重量 209㎏[211kg]
エンジン 水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列2気筒・649cm3
ボア×ストローク 83.0×60.0(mm)
最高出力 53kw(72.1ps)/8,500rpm(欧州/北米/カナダ/オーストラリア)
52kw(70.7ps)/8,000rpm(東南アジア)
最大トルク 64N・m(6.5kgf・m)/7,000rpm
燃料タンク容量 16L
タイヤサイズ (F)120/70-17(R)160/60-17





カワサキイチバン