[PR] YOSHIMURA

2011年モデル W800

2008年式をもって生産終了となったW650。その後も根強いファンと生産終了を惜しむ声は絶えることはなかった。そのようなカワサキ乗り達に待望のWシリーズが新発売される。それがW800だ。

見た目はW400/650そのもので、従来のイメージを踏承している点がうれしい。リヤブレーキもドラム式を採用。車体関連は、Wシリーズのイメージであるレトロな路線を進んでいる。一方、排気量を800ccとしたエンジンにはインジェクションが採用される。排ガス規制をクリアするのが一番の目的であるが、同時に始動性のアップも図った。他、メーター回りなど、一部変更されている部分はあるものの、基本的には前モデルのイメージそのもの。このようなレトロモデルは、あまりイメージを変えてほしくないというバイク乗りの気持ちをよく反映させてくれたモデルといえる。

走行動画

W800 (EJ800ABF)※欧州一般仕様

GRN


※10月6日/走行動画追加






カワサキイチバン