[PR] YOSHIMURA

2016年10月に開催されたインターモト2016でお披露目され、今年5月に国内デリバリーが開始されたばかりのNinja 650。Ninjaファミリーの中核を担うこのモデルは、シャープなスタイリングと扱いやすさが魅力であり、発売前から多くの話題を呼んだカワサキ渾身のミドルニンジャだ。その2018年モデルが早くもリリースされている。

2017年モデルからの変更点はカラー&グラフィックのみで、発表されたカラーはメタリックスパークブラックと新色のキャンディプラズマブルー×エボニーの2色となっている。価格は2017年モデルより据え置きの80万7,840円(税込)で、発売は8月1日から。現時点ではKRT Editionやその他のSpecial Edition的なモデルの存在は不明である。

ちなみに2018年モデルでもABSシステムは標準搭載されているが、車両名からは“ABS”の文字は消え、シンプルに「Ninja 650」という名称に変更された。これは将来的な先進制動システム(ABS/CBSなど)の装備義務付けを見据えたもので、今後装備の有無は補足的に記載されるとのことである。


2018年モデル Ninja 650

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819
※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00 (祝日、当社休日を除く)
URLhttp://www.kawasaki-motors.com/mc/





カワサキイチバン