[PR] YOSHIMURA

2011年モデル Ninja400R ライムグリーン

以前より噂のあった“フルフェアリングを装着した400ccツインスポーツ”が満を持して登場した。カワサキ伝統のペットネーム“Ninja”のイメージを踏襲するスタイリッシュなフロントカウルはデュアルヘッドライトを装備し、段付きウインドスクリーンは高いウインドプロテクション効果を発揮してくれることだろう。また、自然で疲れにくいライディングポジションを目指し少しアップライトな位置とされたハンドル、空気抵抗を軽減するフロントカウル中央のダクトなども特徴であり、スポーツ性能だけでなく高いツーリング性能も持ち合わせているようだ。

高張力鋼管を使用したスリムなトレリスフレームに搭載されるのはコンパクトな水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジン。ツインならではの低中回転域の豊かなトルクと、サブスロットルを備えるスロットルボディによるスムーズなスロットルレスポンスの獲得を目指した。また、エンジン下に配置されたコンパクトなショートサイレンサーはマスの集中化と低重心化に貢献、車体右側にオフセットされた特徴的なレイダウンリヤショックは、滑らかな作動性とすぐれた衝撃吸収性を実現しているという。

“Ninja”の名を冠する、新たなるフルカウル400ccスポーツバイク。8月の登場が、今から待ち遠しい1台である。

2011年モデル Ninja400R ブラック

カラー:ライムグリーン、メタリックスパークブラック

SPEC
●全長×全幅×全高:2,100×760×1,200(mm)●軸間距離:1,410mm●シート高:790mm●車両重量:203kg●エンジン型式・排気量:水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列2気筒・399cm3●最高出力:32kW(43ps)/9,500rpm●最大トルク:37N・m(3.7kgf・m)/7,500rpm●タンク容量:15リットル●価格:64万9,000円

●発売予定日:8月1日

カワサキモータースジャパン「Ninja400R」






カワサキイチバン