2011年モデル KX250F ライムグリーン

エキスパートライダーがレースで勝利をおさめるため、さらに進化した11年モデルのKX250F。エンジンには新たにフューエルインジェクションを採用、さらにピストンヘッド形状やスパークプラグの変更もなされたことで、高回転域における出力特性の向上などが図られた。また量産車両としては初めて、ダンパー、スプリングを左右に分割した“セパレートファンクションフロントフォーク“を採用。軽量化だけでなく、低フリクション化によるスムーズな作動性と安定した減衰特性を実現したという。

SPEC
●全長×全幅×全高:2,170×820×1,270(mm)●軸間距離:1,475mm●シート高:945mm●車両重量:105.7kg●エンジン型式・排気量:水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒・249cm3●最高出力:-●最大トルク:-●タンク容量:7.2L●価格:71万7,000円 ※公道走行不可

●発売予定日:8月1日

カワサキモータースジャパン「KX250F」