カワサキからNinja ZX-10Rのレース専用モデルが発表された。

2015年10月に、約5年振りの大規模なモデルチェンジを受けた2016年モデルのNinja ZX-10R ABSは、慣性測定ユニットを搭載したことによる電子制御システムの進化、ならびに世界初採用となるショーワ製バランスフリーフロントフォークなど、先進のテクノロジーを取り入れたマシンだ。

このたび発表されたレース専用モデルは、オーストラリア仕様をベースにABSを非装着としている。また、国内ロードレース活性化のために販売価格が抑えられており、公道仕様車の価格が220万8,600円(ブライト参考価格)であるのに対し、レース専用モデルは42万6,600円安の178万2,000円での販売だ。

なお、レース専用モデルは受注期間限定での販売となる。受注期間は三度設けられており、それぞれで出荷開始日が異なる。詳しくは以下を参考にしてほしい。


2016年モデル レース専用モデル Ninja ZX-10R


受注期間・出荷開始日

受注期間 出荷開始日
第一次 2015年12月5日(午前9時より)〜2015年12月18日 3月中
第二次 2016年1月8日(午前9時より)〜2016年1月22日 4月中
第三次 2016年2月5日(午前9時より)〜2016年2月22日 5月中

SPECIFICATIONS

エンジン 水冷4ストローク並列4気筒
排気量 998cm3
内径×行程 76.0mm×55.0mm
圧縮比 13.0:1
弁方式 DOHC4バルブ
燃料供給方式 フューエルインジェクション(φ47mm×4)
デュアルインジェクション
点火方式 デジタル
始動方式 セルフスターター
潤滑方式 ウェットサンプ
トランスミッション型式 常噛6段リターン
駆動方式 チェーン
一次減速比 1.681(79/47)
ギヤレシオ 1速 2.600(39/15)
2速 2.214(31/14)
3速 1.944(35/18)
4速 1.722(31/18)
5速 1.550(31/20)
6速 1.391(32/23)
二次減速比 2.294(39/17)
クラッチ形式 湿式多板
フレーム形式 ツインスパー(アルミニウム)
ホイールトラベル 120mm
114mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C 58W
190/55ZR17M/C 75W
キャスター 25°
トレール 107mm
ステアリングアングル(左/右) 27°/27°
サスペンション タイプ:倒立・テレスコピック(43mm)
バランスフリーフロントフォーク
圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
タイプ:ホリゾンタルバックリンク
BFRC lite ガスチャージドショック

圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
ブレーキ タイプ:外径330mmセミフローティングディスク
キャリパー:ラジアルマウント 対向ピストン
タイプ:外径220mmディスク
キャリパー:シングルピストン
全長 2,090mm
全幅 740mm
全高 1,145mm
軸間距離 1,440mm
最低地上高 145mm
シート高 835mm
車両重量 204kg(ZX1000R)
206kg(ZX1000S)
燃料タンク容量 17L
最高出力 127.2kW(173PS)/11,000rpm
最高出力(ラム圧加圧時) 133.6kW(182PS)/11,000rpm
最大トルク 110.5N・m(11.3kgf・m)/11,000rpm

※写真・スペックは公道仕様
※レースパーツ(ECU・サブハーネス)は含まれないとのこと
※ナンバー取得不可・クレーム対象外