[PR] YOSHIMURA

スーパーチャージャーで過給をする998cc・並列4気筒エンジンを搭載したニンジャH2。今さら説明は不要なほど、今年のバイク業界の話題を一挙にさらっていった、カワサキが誇るスーパーバイクである。

過給エンジンのもたらす圧倒的なパワー感はもちろんのこと、そのスタイリングも大きな注目ポイントで、中でもまるで鏡のように反射率の高い銀鏡塗装はニンジャH2のアイデンティティを構成するうえで、かなり大きな要素となっていることだろう。

そんなニンジャH2の2016年モデルが発表された。一見すると、フレームの色がグリーンからシルバーへ変更され、フロントカウルやサイドフィンからもグリーンがなくなり、かなり地味になった印象を受ける。が、カウルやタンクの塗装に目をやると、光の加減で印象が大きく変わるガラスフレークがふんだんに散りばめられており、ニンジャH2独自のスタイルは健在となっている。

また機能面でも、エンジンブレーキの緩和とクラッチ操作の軽量化をねらって、アシスト&スリッパークラッチが新たに採用されている。その他、ECUのセッティング変更や、レインモードのパワーデリバリーがよりなめらかに変更されるなど、小変更が加えられている点も見逃せない。

カラーはミラーコートスパークブラックの1色のみ。ちなみにモーターショーに出展されているカラーのH2はモーターショー専用の特別カラーで、正式なカラー名は「ミラーコーテッドディープピンクゴールド」。ぜひラインナップに加わって欲しいカラーリングだ。


2016年モデル Ninja H2 (ZX1000N)※欧州一般仕様


オフィシャルビデオ


SPECIFICATIONS

エンジン 水冷4ストローク並列4気筒
排気量 998cm3
内径×行程 76.0mm×55.0mm
圧縮比 8.5:1
弁方式 DOHC4バルブ
燃料供給方式 フューエルインジェクション(φ50mm×4)
過給器 遠心式スーパーチャージャー
点火方式 バッテリー&コイル(トランジスタ点火)
始動方式 セルフスターター
潤滑方式 ウェットサンプ
トランスミッション型式 常噛6段リターン
駆動方式 チェーン
一次減速比 1.551(76/49)
ギヤレシオ 1速 3.188(51/16)
2速 2.526(48/19)
3速 2.045(45/22)
4速 1.727(38/22)
5速 1.524(32/21)
6速 1.348(31/23)
二次減速比 2.444(44/18)
クラッチ形式 湿式多板
フレーム形式 トレリス
ホイールトラベル 120mm
135mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C 58W
200/55ZR17M/C 78W
キャスター 24.5°
トレール 103mm
ステアリングアングル(左/右) 27°/27°
サスペンション タイプ:テレスコピック・倒立(43mm)
圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
タイプ:ニューユニトラック
圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
ブレーキ タイプ:セミフローティングディスク(外径300mm)
キャリパー:デュアルラジアルマウント 対向4ポッド
タイプ:シングルディスク(外径250mm)
キャリパー:対向2ポッド
全長 2,085mm
全幅 770mm
全高 1,125mm
軸間距離 1,445mm
最低地上高 130mm
シート高 825mm
車両重量 237kg
燃料タンク容量 17L
最高出力 147.2kW(200PS)/10,000rpm
最高出力(ラム圧加圧時) 154.5kW(210PS)/10,000rpm
最大トルク 140.4N・m(14.3kgf・m)/10,000rpm

http://www.ninja-h2.com/2016model/h2.html






カワサキイチバン