1991BALIUS

圧倒的な動力性能と魅惑のボディラインは、乗る者を陶酔させ悦楽をもたらす。走りの性能に特化したからこその機能美。バリオスにはそれがある。

名車列伝

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

Text by KAZU Nakanishi, Photo by Daisuke Takeda

マイルドな性能をウリにする250ccネイキッド界に旋風を巻き起こしたバリオス。トラディショナル&ワイルドなフォルムにレーサーゆずりの強心臓。乗りやすいジャジャ馬としてクォーターモデルのスターダムにのし上がったのだ。

80年代中期から盛り上がり、過熱の一途であったレーサーレプリカブームは、89年に登場したゼファーによって鎮静化される。“懐古主義”“Z2のようだ”と称されることの多かったゼファー。しかしながらその中身は、トラディショナルと最新テクノロジーの融合とでも言えるもので、決してイメージだけのバイクではなかったと断言できる。その証拠に、ゼファーは大ヒットを飛ばすことになり、他メーカーもこれに追従せざるを得なくなったのだ。

このネイキッドブームは250ccクラスにも飛び火。他社はすでに4スト直4エンジンを搭載するカウルレス車=後のネイキッドを市場投入していたが、カワサキはレーサーレプリカZXR250およびグランツーリスモZZR250をラインナップするだけだった。性能的には申し分のない2台。しかしカワサキフリークは4気筒エンジンを搭載するクォーターネイキッドを切望していた。

超高回転型マルチ採用のスパルタンネイキッド

そして91年、Ninjaの伝統とネイキッドスタイルを融合させたバリオスがデビュー。ナローでありながらグラマラス&セクシーなフォルムにZXR250をベースとする専用セッティングのパワーユニットを搭載。ネイキッドというカテゴリーこそゼファーと同じだが、そのアプローチ方法は180度別方向であったといえる。6000rpm付近から豹変するパワーデリバリーは、これぞ男のマシンと比喩されるほどスパルタンさが際立ち、フットワークも俊敏そのもの。1万rpm〜1万5000rpmまでの突き抜けるようなエキゾーストノート。その走りに酔いしれた若者は少なくなかった。エンジン性能のみを数値的に見ても、当時の同クラスではトップクラスのパフォーマンスを得ており、レーサーレプリカと互角に渡り合えるネイキッドマシンとしての人気も高かった。

続きを読む...

その後、他社も同様のスパルタンモデルを登場させるが、実力・人気ともにバリオスは大きなアドバンテージを築いていた。93年に自主規制によりピークパワーは40psとなるものの、ジャジャ馬とも言える元気さは不変。車格や足着き性のよさから女性ライダーの人気も高かった。その後も96年に赤/白の限定車を追加投入するなど、好調ぶりはむしろ右肩上がりであった。

まさに破竹の勢いを見せていたバリオスは、97年にコンベンショナルなツインリヤショックを装備するバリオスⅡへスイッチ。ツインショック化によるユーティリティスペースの拡大と、K-TRICの装備によるドライバビリティの向上が図られる。その後は00年越えをはたし、惜しまれつつも07年にて生産終了。とっつきやすさとライディングプレジャーを両立する250ネイキッドの伝説となったのである。

戦闘的かつ刺激的なイクイップメント

バリオスの特徴は何といってもエンジンである。レーサーレプリカZXR250をベースに、吸気系を中速寄りにリセッティング。シャープなレスポンスと常用域での扱いやすさを両立するとともに、ZXRと同等の高回転高出力を確保。40㎰となる3型からは低速域での扱いやすさも手直しされているが、基本的には2スト的なスパルタンさを見せる。

シャーシ面は、高張力鋼管ダブルクレードルフレームが、高い縦剛性と横剛性を確保。適度なねじれ剛性が安心感を生んだ。ストリートに重点をおいたサスペンションは、前後とも剛性の高い部材および数値設定としており、ロードホールディング性に不満はないが、ある速度域ではクイックすぎるのではないか? と感じることもある。裏を返せばそれだけ操縦性が高いという証拠で、乗り手に操る楽しさをもたらしてくれる。

ブレーキには前後ともシングルディスクを採用。効力・タッチに不満はない。フロントは2ポットのピンスライドキャリパーを採用することで、パッドの当たりを均一にたもつスタビリティにもこだわっている。

ポジションは、ネイキッドのなかでもスポーツ寄りだが、長距離ツーリングでも不満を感じることはないだろう。とくにハンドル幅や高さ、絞り角は絶妙といえる設定となっており、ゼファー750のジムカーナ仕様の製作時に重用されるほど。それだけ日本人の体格に合っていると言える。そんなバリオスだからこそ、多くのライダーに愛されたのだろう。

BALIUSが発売になった1991年(平成3年)の出来事

長崎県雲仙普賢岳で大規模火砕流が発生/米軍を主力とする多国籍軍とイラク軍との間で湾岸戦争が勃発/ソビエト社会主義共和国連邦が崩壊。独立国家共同体・ロシア共和国が設立される/第58代横綱の千代の富士が引退。史上最多の通算勝ち星1,045勝を記録した/東京都港区芝浦に、最大3,000人を収容可能な大規模ディスコ、ジュリアナ東京がオープン/ヒットした映画:『ターミネーター2』『プリティ・ウーマン』

とじる


  • メインループをワイドデザインとした高張力鋼管ダブルクレードルタイプのフレームや単なるティアドロップ形状でない燃料タンクデザインが新時代ネイキッドをアピール。とっつきやすい車格もよい
  • ブランニューを感じさせる躍動的なデザイン&フォルム。足着き性のよさは老若男女、ベテランまたはビギナー問わずで、乗り手を選ばない懐の深さにつながっている。シングルディスク仕様ゆえ、レフトビューがスッキリ
  • ブランニューを感じさせる躍動的なデザイン&フォルム。足着き性のよさは老若男女、ベテランまたはビギナー問わずで、乗り手を選ばない懐の深さにつながっている。シングルディスク仕様ゆえ、レフトビューがスッキリ
  • 直4エンジン搭載車とは思えないほどのスリムさを実現。リヤビューの絞り込みがスポーティさを強調する。フロントタイヤは110/70‐17、リヤは140/70‐17と同クラスとしては標準的だが、若干安定指向の様相を見せる
  • 直4エンジン搭載車とは思えないほどのスリムさを実現。リヤビューの絞り込みがスポーティさを強調する。フロントタイヤは110/70‐17、リヤは140/70‐17と同クラスとしては標準的だが、若干安定指向の様相を見せる
  • カワサキ伝統の意匠をもつ2眼メーター。タコメーターに刻まれた数字がただ者ではないことを物語る。レッドゾーンはなんと1万9,000rpmより上となる
  • φ180mmヘッドライトおよびメーターケースのデザインはゼファーシリーズと同様のコンベンショナルなもの。60/55wのH4バルブを使用する
  • ライダー座面高745mmの段付きダブルシートを採用。燃料タンク後端の絞込みに合わせた先端形状と適度なクッション性が数値以上の足着き性をもたらす
  • サイドカバーからシームレスに流れるテールカウルデザイン。ダックテール処理はカワサキのお家芸でもある。小ぶりでスリムなウインカーは新意匠
  • 低めに構えたハンドルを採用。ハンドルポストは左右一体型のトップキャップを採用。スイッチ類は左右とも当時のカワサキ車に標準的なモノである
  • ユニトラック式リヤサスペンションを採用するため、シート下スペースはバッテリーと車載工具に占拠されており、ユーティリティスペースはほとんどない
  • レーシングタイプのリヤフェンダーを標準装備。テールカウル下にはアシストグリップおよび固定式荷かけフックを装備し、リヤシートの積載性向上を図る
  • グラマラスだがシャープに絞り込まれた燃料タンク。全容量は15L、予備容量は3.8Lの設定。従来、タンクサイドに跳ね馬の立体型エンブレムがおごられる
  • 2型に進化したZXR250からそのまま搭載したといえるサイドカムチェーン式水冷4気筒ショートストロークエンジン。キャブレターはCVKDφ30mmを4連装
  • 2型に進化したZXR250からそのまま搭載したといえるサイドカムチェーン式水冷4気筒ショートストロークエンジン。キャブレターはCVKDφ30mmを4連装
  • 高剛性アルミスイングアームと車体をつなぐショック懸架にユニトラック式を採用。市街地からワインディングまでしなやかなロードホールディングを見せる
  • ディスクローターはφ230mm、キャリパーはピンスライドタイプとし、フロントとの制動力バランスを整える。キャリパーサポートはリジット懸架となる
  • ステンレスとクロームメッキで構成されるマフラーは4‐2‐1レイアウトを採用。超高回転型エンジン独特のエキゾーストノートを心地よく調律する
  • このパワーユニットだからこそ必要となる大容量ラジエターはアルミキャスティングのコアガードで守られる。防護的な役割はもちろん外観上のアクセント的な要素もある
  • 75×32mmのリブ入り角断面アルミスイングアームを採用。フレームとの剛性バランスは絶妙で、軽快な走りに貢献している。リヤスプロケットは48Tを採用
  • ディスクローターはφ300mmの大径フローティングタイプ。ブレーキキャリパーはピンスライド式の2ポットを採用し、バネ下重量の軽減を図っている
  • メインパイプはφ38mmの高張力鋼管を採用。φ39mmのインナーチューブとした正立フロントフォークとあいまって、しなやかかつ強靭な剛性感を具現化






カワサキイチバン