1979Z750FX

世紀のナナハン「Z2」の登場から6年、Z2系エンジンは最高のフォルムに包まれて終結する。

名車列伝

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

Photo by Daisuke Takeda

稀代の名車──Z。その誕生はすべてのマシンの指針になり、実に多くの名車を誕生させた。そして、新しいものが誕生すればするほど、原点は古くなっていかざるをえない。Zのエンジンさえも終焉を迎える。Z750FXの存在感は、Z2系エンジンに見事、最後の花を添えたかのようである。

Zの血統を見事に受け継いだZ750FX

カワサキ、4ストローク・ナナハンヒストリーは、Z2から始まった。開発者たちが妥協を許さずに作り上げた世界初の空冷並列4気筒DOHC750ccエンジンを搭載したマシンは、発売前から空前の人気で受け入れられ、73年のデビューと同時に数々の伝説を作り上げていった。が、そのZ2も何度かのマイナーチェンジを経て77年のZ750FOUR-D1を最後に、市場から姿を消すこととなった。

そして、カワサキの次期国内モデルのフラッグシップとして登場したのが、Z750FXだった。“フェックス”の愛称で呼ばれたこのナナハンはAMAの覇者Z1000MkⅡのスタイルを継承、角張ったフォルムでZ2とは別モノの姿をしていたが、その心臓部であるエンジンはZ2を継承しており、Zの血統を見事に受け継いでいたのである。さらにFXは4本マフラーを2本出しにし、キャスターを26度から25.5度に、トレールを90mmから87mmに変え、フロントに剛性を持たすなどしてハンドリングの変更、高速走行の安定性を確保するなどそれまでのZに比べ、走高性能は格段な進歩を遂げていた。

続きを読む...

Z2系エンジンは最高のフォルムに包まれて終結する

カワサキはマッハ以来流体をイメージさせる丸みを帯びたデザインをほどこしていたが、78年発売のZ1R以降さまざまなバイクを直線的デザインに変えていった。Z750FXも同様で、Z2のイメージを払拭するがごとく、直線基調のスクエアデザインを取り入れている。車体の方は、キャスター、トレールを変更し、4本マフラーは2本に、「全天候型ブレーキ」と言われた不等ピッチのドリルドディスクを前後に装着するなど、大幅に装備を見直した。また、外装も、足着きを考慮したシート、フラッシャーと車幅灯兼用のハザードランプ、ニュートラルセレクターなど充実。また、8ヶ月後の9月にリリースしたZ750FX(D3)はトランジスタ点火を搭載。クラス最高の70psを叩き出すなどZシリーズ中もっとも充実し、もっとも走る1台に仕上がっていた。

しかし、時代はより軽量でコンパクト、そしてより速いナナハンを求めた。ライバルメーカーがCB750F、GSX750Eという強豪たちを続々と投入してくるなか、FXは武骨で硬派な存在であったのだ。やがて、そんな時代の流れを受け入れ、カワサキのナナハンは軽量のZ650のエンジンをベースにした軽快なマシンへと移行し、国内フラッグシップの役目を終えることとなった。これにより、Z2のエンジンも市場から消え、完全に一つの時代が終わったのだった。しかし、この時代に生まれた類まれなZのエンジンスタイルは、その後も脈々と進化を続け、今もなお走り続け、その伝統を守っている。

Z750FXが発売になった1979年(昭和54年)の出来事

東名日本坂トンネル事故で死者7名焼失車両173台/三菱銀行猟銃人質事件・男が警官2人行員2人を射殺して立てこもる/東京サミット/カーター大統領来日/ヨーロッパ初の女性首相サッチャー首相誕生/インベーダーゲームピークに/上越新幹線誕生/日本初のワープロ誕生/「ナウい」「ダサイ」/ヤングジャンプ創刊/NHK南極から史上初のテレビ中継

とじる


  • ライトこそ丸いが全体的に角張ったスタイルはやはり、MkⅡのフォルムそのもの
  • ライトこそ丸いが全体的に角張ったスタイルはやはり、MkⅡのフォルムそのもの
  • Z1、Z2から継承する砲弾型メーター。スピードメーターは180km/h表示で、レッドゾーンは9,000rpmから
  • クラッチ側にハザード用スイッチと、パッシング用スイッチを装備し、アクセル側にキルスイッチとライトのスイッチを装備している。ブレーキフルードタンクの形状が独特
  • クラッチ側にハザード用スイッチと、パッシング用スイッチを装備し、アクセル側にキルスイッチとライトのスイッチを装備している。ブレーキフルードタンクの形状が独特
  • フロントフォークは外径φ36mm。ストローク量は140mm。スペック的にはZ2と同じ。フロントフェンダーは車体同様に角ばったデザインを採用する
  • Z750FXではネックまわりのフレームが強化されたことにより、剛性感が増し、コーナリング特性が格段に向上した
  • リヤショックは油圧式ダンパー内蔵で80mmのストロークを確保。写真の車両はノーマルではなくコニー(オランダ)のショックを装着している
  • FXと書いて関東では“フェックス”関西では“エフペケ”の愛称で呼ばれていた
  • ガソリンタンク容量は17.8L。ちなみにタンクの塗装は当時のままのカラーリング。というわけで、当時のままのタイヤ諸元のステッカーも貼ったまま
  • ガソリンタンク容量は17.8L。ちなみにタンクの塗装は当時のままのカラーリング。というわけで、当時のままのタイヤ諸元のステッカーも貼ったまま
  • 進化し続けたZ2系最後のエンジン。当時もっとも売れたナナハンがこのFXだった
  • Z2以来のトレードマークにもなっていた4本出しマフラーがZ750FXから2本出しになった
  • キャブレターは強制開閉式のミクニVM26SS4連装を装着。形状的にはZ2のモノとほぼ同じものだ
  • フロントは油圧式ダブルディスクブレーキでリヤはシングル。ともに全天候型をうたい文句にした多孔式ディスクだ
  • フロントは油圧式ダブルディスクブレーキでリヤはシングル。ともに全天候型をうたい文句にした多孔式ディスクだ
  • シートのデザインも一新された。シートサイドの縫い目は飾りではなく本当に生地を縫い合わせてある。形状を変え足着きが良好になった
  • シートのデザインも一新された。シートサイドの縫い目は飾りではなく本当に生地を縫い合わせてある。形状を変え足着きが良好になった
  • 当時、ヘルメットホルダーはHELMET HOOKと呼んだらしい。リヤフェンダー下側のフレームに溶接され実用的
  • MkⅡのものをそのまま装着したようなテールカウル。フラッシャーと車幅灯兼用のハザードランプなど安全性にこだわったのもFXの特徴だ
  • シートの下に収納されている車載工具。現代のバイクのものとほとんど変わらないが、バルブクリアランスを計るゲージが時代を感じさせる






カワサキイチバン