1985GPZ400R

レーサーレプリカ全盛期、流行りと一線を画すマシンがGPZ400Rだった。そして、それに対する市場の解答は2年連続年間ベストセラー獲得という栄光だった。

名車列伝

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

Photo by Daisuke Takeda

80年代、レーサーレプリカ全盛のなかにあって、ひと際、異彩を放ったカワサキ初の水冷400cc。その独自性をつらぬいたマシンは、またたく間にベストセラーとなった。それは、ライダーたちが求めていたものが、単純な“速さ”だけではないということの証明といえるだろう。

レーサーレプリカ全盛期、流行りと一線を画すマシンがGPZ400Rだった

79年、カワサキが放った空冷DOHC4気筒のZ400FXは、熱狂的に受け入れられ爆発的なヒットとなった。一度ラインナップから消えたにも関わらず、ファンの要望で再び82年に市場へ戻ってくるという人気の高さであった。その後カワサキは、このクラスのラインナップにZ400GP、同じく空冷4気筒のGPz400を登場させ、安定した人気を博していた。しかし、83年になるとGSX400FW、XJ400ZSなどライバルメーカーの水冷ハイパワー化が次々と行なわれ、84年にはFZ400RやCBR400F、GSX-R400といったサーキットから飛び出してきたようなマシンが登場。2ストローク400に関しては、RG400Γ、NS400Rといったいわゆるレーサーレプリカが続々とストリートに登場したのである。そうした時代のなかにあってカワサキはあえて、趣向の異なるマシンを作り上げた。

続きを読む...

ライダーたちが求めていたものが、単純な“速さ”だけではないということの証明

それが85年に登場したGPZ400Rだった。ひたすら軽量コンパクト化を図って作られたレーサーレプリカ全盛のなかにあって、GPZ400Rは前年の84年にケルンショーで発表され、各国から絶賛されたGPZ600R(600はスチール製フレームであった)と同じボディレイアウトを採用しているため車重は176kgと重く、左右2本出しマフラーやセンタースタンドを搭載するなど、ライバルメーカーの400とは明らかに一線を画す存在だった。とはいえ、このマシンが重いだけのツアラーかといえば決してそうではなく、カワサキクラス初の水冷DOHC4バルブエンジンを搭載。最高出力は自主規制上限の59ps、最大トルクは3.6kg-mと、パワー・トルクともにトップレベルのものであった。

そして特筆すべきはCdA値0.29以下という驚異的な空力特性を実現していることであった。こうした、技術の粋を集められたGPZ400Rは、絶対的な運動性能こそライバルたちにゆずっていたが、反面、街乗りやクルージングでの乗り味は、ライバル不在ともいえる快適性をほこったのである。むしろそうして独特の道を開き、あえて他と違う方向を目指すことで、より、その存在感が際立ったマシンになったといえるだろう。そうしたカワサキのねらいは見事的中し、GPZ400Rは熱狂的に市場に受け入れられ、レーサーレプリカ全盛期のまっただなかにあって2年連続で年間ベストセラーモデルの栄冠を手に入れたのだった。

GPZ400Rが発売になった1985年(昭和60年)の出来事

全日本サッカー選手権、読売クラブ優勝/中曽根首相とレーガン大統領会談/横綱北の海引退/長野でバス転落日本福祉大の学生25人死亡/円相場急落1ドル260円台/世界最長の青函トンネル本抗貫通/柔道山下泰裕引退/東洋一の吊り橋大鳴門橋開通/投資ジャーナル元会長中江滋樹逮捕/NTTと日本たばこ発足/日航機墜落事故

とじる


  • カワサキの400ccとして初のフルカウルを身にまとい、フレームはAL-Crossフレームと呼ばれるアルミ製の角形断面のXメンバーで形成された高剛性フレームを採用している
  • 正面から見るとスリムな車体は、驚異の空気抵抗値を実現するためのフォルムであることがよくわかる
  • カウリングの中にきれいに収まったメーター類。スピードメーター、タコメーターの他に水温計、燃料系を装備、ウインカー、ハザードなど集中してセット
  • マシンコントロールをするハンドルバーはアルミ鋳造製。カワサキ独自のトップブリッジに直接ボルトオン装着するタイプを採用し装着している
  • カワサキ400cc初の水冷エンジンは、シリンダーライナーをダイレクトに冷却する独自のウエットライナーを採用。高回転走行でも安定した冷却性能を確保
  • キャブレターはケーヒン製フラットバルブのCVK30を装着。レプリカのようなシビアな感覚ではなく、どの回転域でも扱いやすくフレキシブルでコントロールしやすいアクセルワークができるのが特徴だった
  • 前後ブレーキは不均等に孔を開けたデイスクプレートを採用。フロントがダブルでリヤはシングル。特殊メタルパッドを組み合わせたものを新開発してパフォーマンスアップを図る
  • 同クラスのライバル車たちが軽量・ハイパワー化のためマフラーの1本出しを採用する中、あえて2本出しマフラーを装着し、ツアラー的要素を高めている
  • フロントにはイコライズドセミエア・フロントフォークを搭載し、荷重の流れをコントロールするAVDS(オートマチック・バリアブル・ダンピング・システム)を内蔵。ハイメカだが、評価は乗り手によって大きく分かれるところとなった
  • ライダーズシートの下に用意されたツールボックス。こんなところにもツアラーらしさが出ている
  • GPZ400Rが他メーカーと明らかに違ったのが、こうした収納可能な荷物かけ用フックを装備したところだ。ユーザーにとっては実用面において極めてありがたい装備






カワサキイチバン