1983GPz1100

Zを生み、Zを育てたカワサキ。その10年の思いのすべてが 注ぎ込まれたZは、究極のZに到達。見事にその進化を結実させたのである。

名車列伝

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

Photo by Daisuke Takeda

1972年から約10年間、多くのZが誕生し最速に挑み続けてきた。そして83年。それまで育んだすべてのノウハウを注ぎ込まれたZは過去最高のZとなって完成した。しかし、それはまた不変のZ伝説がついに完結し、次世代へと時代が流れていく瞬間でもあった。

“最高にして最後”という“Z”の冠をまとったバイクの歴史は、世界最強、最速への挑戦の歴史でもあった。その宿命は初代Z1から始まり、数々の試行錯誤を繰り返しながら進化を続け、最速の称号を死守し、またときにはライバルたちから奪回をしてきたものだった。この歴史のなかで生まれたZの数は実に16以上で(あくまでもZ1、Z2、Z1R、MkⅡ、Jなどといった代表的な空冷4発のZの数であり、ここからマイナーチェンジしたものや750、400ccクラスのZを入れると30台以上もの空冷Zが誕生したのである)、この数は72年に登場したZのエンジンが、ベースとしていかにすぐれていたかの証明であった。

育んできたすべてのノウハウを注ぎ込まれた過去最高のZ

そして、83年。その10年以上にもおよぶ開発ヒストリーのなかでつちかったノウハウのすべてを注ぎ込まれ、路上に放たれたのが、GPz1100だった。エンジン出力120ps、最大トルク10.2kg-mのスペックは、ゼロヨン10.91秒、最高速度240km/hを叩き出すほどで、これはZにこだわり続けてきたカワサキ渾身の数値であり、まぎれもなく世界最速の数値だった。

それまでの角張ったイメージを一新し、ストリームラインと呼ばれた流れるようなフォルムを全身にまとい登場したGPz1100。もちろんエンジン、足まわり、ブレーキなど随所に新しいテクノロジーを注ぎ込まれたハイメカマシンであり、当時のどのライバルたちよりもすぐれた動力性能をほこったのである。とくにロング化されたホイールベースのお陰で超高速域での安定性は格段に向上を見せていた。このころすでに次期最速モデルGPZ900Rの開発が進んでいたが、GPzをただのつなぎバイクにせず、あえてこの空冷最速マシンを作りあげた姿勢に、カワサキの持つZと最速へのただならぬこだわりをうかがい知ることができるだろう。72年登場のZ1から数々の変せんを繰り返すこと11年、新Zは別物のZに到達を遂げたのである。

続きを読む...

不変のZ伝説がついに完結し、次世代へと時代が流れていく瞬間

このすべてを一新したGPz1100の登場は、流れるようなフォルムとあいまって、世界中から絶賛されることとなり“その衝撃はZ1以来のもの”と評価され、その人気ぶりは日本に逆輸入ブームを巻き起こすほどであった。しかし、80年代初頭、ビッグバイクを取り巻く歴史の大きな流れはすでに水冷化に突入していた。カワサキにとっても高出力に対応すべく水冷エンジンを搭載した次世代最強モデルの開発は急務であり、必然であった。

そんななか、84年、カワサキは革命的な水冷4バルブDOHCエンジンを搭載したマシンをついに完成させる。これにより空冷4発2バルブエンジンという不変のスタイルを10年にわたってつらぬき、最高にして最後のZへと到達をはたしながらも、GPz1100はフラッグシップとしての座をニューマシンにゆずり渡すと同時に、その姿を市場から消していったのである。

GPz1100が発売になった1983年(昭和58年)の出来事

東京ディズニーランドオープン/任天堂「ファミリーコンピュータ」発売/TVでVTR映像の使用が急増/大韓航空機ソ連機に撃墜される/田中角栄に東京地裁実刑判決/フィリピンのアキノ大統領暗殺/日本海中部地震で104名死亡/青木功米ツアー初優勝/NHK朝の連ドラ「おしん」と「ふぞろいの林檎たち」が大人気/流行語「おしん」「軽薄短小」/映画「スターウォ−ズジェダイの復讐」「フラッシュダンス」「戦場のメリークリスマス」「時をかける少女」

とじる


  • 前年の82年にカウリングの国内解禁もあり、他メーカーとともにカワサキもそれまででもっとも大きいカウル(当初はメーターバイザーと名付けられていた)を装着。このカウル技術がGPZ900Rを経て、ZZRなどのカワサキ独特のエアロフォルムへと進化をしていくこととなるのだ。そしてこの時代、カワサキは初めてGPz250から400、750、1100とすべての排気量クラスで基本フォルムを統一。街はこの独特の雰囲気を持ったバイクであふれた。この後、GPz1100は3型(A3)を86年まで生産したのちラインナップから姿を消すのである
  • カワサキのこだわりはメーターにも現れており、スピードメーターとタコメーターの大きさが異なる異径メータ−を採用
  • タンクにセットされているマイコン制御液晶インジケーターもカワサキ独特のものであった
  • フロントフォークは当時の最新メカシステムであったANDF(アンチノーズダイブフォーク:ブレーキング時にノーズが沈み込むのを抑える機構が採用されていた)
  • シート形状も変更。最速マシンながら長距離走行やタンデムライダーの使用感を考慮した作りにカワサキらしい配慮がうかがえる
  • スイングアームの形状もZ1000RやZ1100GPまで丸型だったが、GPz1100から角型になり、チェーンアジャスターも大きく変更になった
  • Z1からZ1000GPを経て改良された空冷2バルブDOHCエンジン。極限まで煮詰められ最高出力120ps、最高速240km/hをほこり、最終型にして最強のエンジンに仕上がった。その膨大な熱量を軽減するため、オイルクーラーはモックアップの開発初期段階から計画されていたという
  • Z1からZ1000GPを経て改良された空冷2バルブDOHCエンジン。極限まで煮詰められ最高出力120ps、最高速240km/hをほこり、最終型にして最強のエンジンに仕上がった。その膨大な熱量を軽減するため、オイルクーラーはモックアップの開発初期段階から計画されていたという
  • Z1100GPのKEFI(電子燃料噴射)をさらに進歩させたDFI(デジタル・フュ−エル・インジェクション)を搭載。マイクロコンピュ—ター制御でよりハイパワーかつ安定したコントロールが可能になった
  • Z1100GPのKEFI(電子燃料噴射)をさらに進歩させたDFI(デジタル・フュ−エル・インジェクション)を搭載。マイクロコンピュ—ター制御でよりハイパワーかつ安定したコントロールが可能になった
  • 何十年も続いたツインショックからついに最新ユニトラックを搭載。この革新的モノショック方式は走行性能を飛躍的に高めるのだった
  • フロント、リヤブレーキともに1ピストンながら高い制動力をほこった。ANDF採用のブレーキフィーリングは独特で大きく好みが分かれたシステム。取り外してしまうライダーも多かった
  • フロント、リヤブレーキともに1ピストンながら高い制動力をほこった。ANDF採用のブレーキフィーリングは独特で大きく好みが分かれたシステム。取り外してしまうライダーも多かった
  • フロントからテールまで流れるようなデザインはZの印象を大きく変えたが、このテールランプの形状だけはZ1000Jを継承
  • 車載工具も多少変化が出てきた。それまで一般的だったバルブクリアランス用のゲージがなくなり、空気圧を測るエアゲージが登場






カワサキイチバン